ストレッチマークができてしまう原因は?

良く聞く肉割れもストレッチマークの一種ですが、妊娠中にお腹が大きくなり亀裂が入るものもストレッチマークと呼びます。原因は肉割れも妊娠線も同じように急激な体型の変化です。短期間で太ったりお腹が大きくなることで皮膚のコラーゲン細胞が裂けてしまい肌の表面に亀裂ができてしまいます。妊娠線と体重管理というのは、密接な関係にあるんです。

 

妊娠中は激しい運動もできないし、食事制限でのダイエットも危険なので注意が必要です。一度亀裂が入ってしまったところを最初のゼロの状態に戻すことはできないのですが、原因を知り、きちんとしたケアを行うことによって限りなく綺麗に目立たなくすることはできるのです。今はストレッチマークに特化したクリームやオイルなどが沢山売られています。また、妊娠線予防クリームなども数多く売られています。それらをうまく活用して妊娠線対策を行ってみましょう。

 

ストレッチマークの予防方法!

ストレッチマークとも呼ばれる妊娠線ですが、原因は急激な体型の変化です。つまりお腹がよく注目されますが胸や太ももにもストレッチマークはできる可能性があります。二の腕やお尻、ふくらはぎの裏にまでストレッチマークができる人もいるので早めのケアで予防できる範囲は予防したいですよね。

 

特にできやすいと言われている人は、皮下脂肪の厚い人、小柄でおなかが前に突き出やすい人、多胎児を妊娠中の人、経産婦の人です。妊娠すると誰しもが体重が増えます。お腹も前に出てきます。しかし原因から考えると急激に体重を増やさない様にするだけでも予防といえます。

 

体重増加はゆるやかにできるように食事にも気を遣いたいですね。そして妊娠初期からのクリームやオイルのケアも重要です。毎日皮膚に染み込ませ、なるべく柔らかい状態で乾燥しないように気をつけましょう。

 

できちゃった妊娠線どうする?

ストレッチマークができる原因を知ってどんなに対策しようとも、できてしまう人は沢山います。それはお母さんになった勲章でもありますし、あまり人から見えない場所でもあるので気にしない人も多いです。

 

しかし自宅でのケアで少しでも目立たなくなるなら、やってみようかな、という気にはなりませんか?一番大事なのは保湿です。これは予防の段階でも重要です。お風呂上りに毎回クリームやオイルをしっかり塗りこみましょう。乾いた肌に塗るときには化粧水をつけて肌をしっとりさせてからの方が効果的です。

 

専用のクリームやオイルを使えば効果も更にアップです。予防も、できてしまった妊娠線のケアもどちらも専用の商品を使う事がオススメです。そして食事やストレス発散、適度な運動も大事ですので、産後も続けていきましょう。