できてしまったストレッチマークを効果的に消す方法!

できてしまったストレッチマーク(妊娠線)を消したいと思っても、簡単に完全に消すことはできないかもしれません。しかし、最近では、できてしまったストレッチマークなどの悩みに対する新しいケア方法も多く生まれています。

 

妊娠線予防が一番大切と言われていますが、一度できてしまったら諦めるしかないとお悩みを抱えたままで過ごされる方も少なくありません。確かに事前に予防的なケアをしておくことも大切ですが、ストレッチマークができてしまったからといって何もせずに諦めてしまうこともありません。

 

例え全く無くすことができなかったとしても、他の人からは見えない程度に目立たないようにできれば無くなったといってもよいのではないでしょうか?ここでは嫌なストレッチマークを消すためのいくつかの具体的なケア方法についてご紹介します。

 

ストレッチマーククリームを効果的に消す2つの方法とは?

ストレッチマークを消す方法としては、自宅で行えるものと施術を受けるものの大きく2つに分けられます。自宅で行えるものとしては、専用のボディクリームなどを使用する方法と新陳代謝を上げて自然治癒を高める方法があります。専用のボディクリームは事前に使用方法や口コミなどの情報を集め、自分にあったものを選びます。新陳代謝を上げるには、温かい飲み物や体を温める食べ物を食べたり軽い運動を行ったりして血行を良くします。施術を受けるものとしては、手術を受ける方法とダーマローラーによる方法があります。手術としては主にレーザー治療と瘢痕修正術の2つがありますが、よく専門医と相談して選択する必要があります。ダーマローラーによる方法は針のついたローラーを患部の上で転がして肌の自然治癒力を利用しますが安全性や衛生状態などよく検討して行わなければいけません。

 

ストレッチマークができてしまっても諦めないで!

程度によってはどのような方法をとってもストレッチマークを完全に消すことは出来ないかもしれません。しかし、どんなひどい状態になってしまったとしても、きちんとケアすることで今より薄く目立たないように改善することは可能なのです。諦めてケアすることをやめてしまっては、どんな軽いストレッチマークでも消すことはできません。「自分でケアして薄くなる程度では我慢できない」「どうしても消したい」という強い思いをお持ちの方は、美容整形外科などの専門医の手を借りる方法もあるのです。自分の中で延々を悩み続けていては、他の日常生活にもマイナスとなってしまいます。1つでも多くの方法を知り、自分の状態を把握し、自分に合った方法を選ぶことで、ストレッチマークのお悩みから一日も早く解放されましょう。


ママニック葉酸サプリ